ドラッカーの5つの質問を、人材採用・活用の世界に置き換えて考えてみる。