結局のところ、「だれと仕事したいか、ここに居たいか」が人材集めの大きなポイントの1つ。